薫習館について

ごあいさつ

今春より進めておりました弊社京都本店の改装工事がこの度終了し、2018年7月11日に新装開店いたしました。
また、南側に隣接するビルを「薫習館(くんじゅうかん)」と名付け、整備いたしました。
館内には松栄堂の香りを体験できるスペースや、香りと人との交流の場となるギャラリーやホールがございます。
日本の香文化により広く深く触れていただける情報発信拠点として活用してまいります。
皆様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

コンセプト

知る・学ぶ・楽しむ
香りの世界へ

記憶を呼び覚ます不思議な香り

記憶を呼び覚ます不思議な香り

香りはふとした瞬間に記憶を呼び覚ましてくれます。
私たちは「香百般」を取り扱う中で、日本の香りの素晴らしさをいかに皆様にお伝えすることができるのかを模索してまいりました。
薫習館は、お客様の香りとの出会いの場になることを願い開設いたしました。

日本の香り文化の情報発信拠点として

日本の香り文化の
情報発信拠点として

一本のお線香が多くの原料の組み合わせでできていること、またいくつもの工程を経て、そして職人の手作業で作られていることを見ていただければ、きっと日本の香りの素晴らしさを感じていただけるはずです。
また、薫習館での様々なイベントを通して日本の香り文化を世界へ発信する場でありたいと考えています。

館内のこだわり

京和傘の大きな照明

京和傘の大きな照明

薫習館に一歩踏み入れると迎えてくれる、京和傘 日吉屋製の大きなシャンデリアです。背面の左官の塗壁と併せて、お香の煙がゆらゆらと広がっていく様子を全体で表現しています。シャンデリアに描かれている模様は「系図香図」。4本の線からなる模様は15パターンあり、組香の答えを表す図柄になっています。

かおりBOX

かおりBOX

1F Koh-labo「香りのさんぽ」の「かおりBOX」。天井から吊りさがっている不思議な箱。香りで満たされた箱に自分から入る、今までにない香りとの出会いを提案しています。

エントランスの壁面

エントランスの壁面

エントランス受付後ろの壁面には3種類の石を使用。石英岩や玄昌石など色合いや大きさの異なるものを試行錯誤しながら組み合わせてできています。 また、お香立に立てたお香の角度を表現しています。

正面に見える庭

正面に見える庭

姫孟宗竹と杉苔の緑が美しいお庭。緑を感じて一息ついていただける場所です。

松栄堂の歴史のステンドグラス

松栄堂の歴史のステンドグラス

松栄堂の昔の店舗や販売の記録などがステンドグラスになっています。貴重な資料の一つとして大切にしています。

烏丸通のベンチ

烏丸通のベンチ

薫習館の烏丸通側には長いベンチがあります。目の前のバス停でバスを待つ間や、薫習館に立ち寄られてこれからの予定を立てる際など、そっと腰を下ろしてお使いください。地域の憩いの場として利用していただければ幸いです。

ページトップへ戻る